カウンター

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS

ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
マイポッケ
MOBILE
qrcode
R S S T I M E S


Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
長渕剛の長女文音が初主演「自然に」
歌手長渕剛(50)と女優志穂美悦子(51)の長女、長渕文音(あやね=19)のデビュー作で主演映画「三本木農業高校、馬術部〜さんのうばじゅつぶ」(来年秋公開)のロケが29日、青森県十和田市の三本木農高で公開された。
 演技初挑戦らしく、文音は「自然にやっています。芝居っぽくするなと言われています」とはにかんだ。盲目の馬と馬術部員の交流を描いた実話を元にしており、誰よりも馬と触れ合って役作りしている。毎日の散歩と声掛けを忘れない。写真撮影で馬と寄り添う時も、顔をぐっと近づけて怖がる様子もない。
 志穂美が現場を訪れ、共演者の柳葉敏郎や松方弘樹に「よろしくお願いします」と頭を下げたという。演技のアドバイスは両親とも「ここまで来たんだから精いっぱいやれ」。あこがれは米国の演技派リブ・タイラー。まだ桜が三分咲きの青森で開花の日を目指していた。

引用元:Yahoo!ニュース 日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070430-00000037-nks-movi
| 芸能 | 07:52 | comments(0) | trackbacks(17) |
淀川長治さんの名解説が復活
「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」の名セリフがよみがえる。1998年に89歳で亡くなった映画評論家・淀川長治さんの名解説が一夜限りの復活を果たすことが18日、分かった。22日のテレビ朝日・ABC系「日曜洋画劇場」(後9・00)の40周年記念の特別企画として、淀川さんの解説が放送される。
 映画「ロッキー・ザ・ファイナル」が、ロッキー作品として17年ぶりに復活することから、同局はその公開に合わせてロッキーの前5作品の放送を企画。ロッキーの復活に合わせ、淀川さんの解説で95年に放送された「ロッキー4」の復活も決めたのだ。
DVD大反響 昨年12月、日曜洋画劇場40周年記念の事業の一環として、DVD「淀川長治の名画解説」を発売。映画本編が一切収録されず、解説者の解説のみという前代未聞のDVDだったが、これが予想を上回る売り上げを記録。ファンから大きな反響を呼んだことも、今回の復活企画の後押しとなったという。
 淀川さんの解説がテレビで流れるのは、98年の「ラストマンスタンディング」以来8年半ぶり。一夜限りの夢ながら“淀川ワールド”にどっぷりと浸れそうだ。

引用元:Yahoo!ニュース デイリースポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070418-00000027-dal-ent

解説者の解説のみのDVDなんて意外なものが売られているんですね。
でも、これはそれだけこの道一本でやってきてそれだけ尊敬を集めていらっしゃるから企画されたものなのでしょう。
この前にも、先にも日本ではこれだけ映画のことが好きで饒舌に語れる映画評論家はきっといらっしゃらないんじゃないでしょうか。
| 芸能 | 13:36 | comments(0) | trackbacks(37) |
13年ぶり映画主題歌 米米クラブ
米米CLUBが13年ぶりに映画主題歌を担当することが15日、分かった。映画「憑神(つきがみ)」(6月23日公開)に、昨年10月の解散撤廃宣言後初のリリース曲となる「御利益」(6月20日発売)を書き下ろした。さらに、京都・東映太秦映画村には、ボーカルのカールスモーキー石井(47)デザインの“御利益大明神”(仮名)の石像が建立することも決定した。
 「憑神」は、作家浅田次郎氏と降旗康男監督コンビが「鉄道員」以来8年ぶりに挑む大作。主演妻夫木聡(26)演じる幕末志士が織り成す大型時代活劇だ。日本のお祭りリズムに仕上がり、降旗監督は「我々が作品に込めた思いを、さらに膨らまして語ってくれてとてもうれしい」。妻夫木は「御利益という神が憑(つ)きました。ますます元気になれる映画になった」と喜んだ。
 さらに、主題歌に感激した東映坂上順常務取締役からは、太秦映画村の目玉に、石像建立まで依頼された。6月末には完成し「御利益祭」という同曲を軸にしたイベントが行われる予定だ。
 米米CLUBが主題歌を担うのは94年の映画「河童」で「手紙」を歌って以来。石井は「『御利益』を聴いて『憑神』を見れば、猫もしゃくしも幸福が舞い込む」と自信を深めている。

引用元:Yahoo!ニュース - 日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070416-00000038-nks-movi

去年は結構CDのリリースの多かった米米が今年は映画主題歌でスタートですか。
幸先のいいスタートですね。
もう、ラジオか何かで公開されたのでしょうか。どんな曲なのかも楽しみです。
| 芸能 | 12:18 | comments(0) | trackbacks(19) |
ジャッキー・チェン、スタント使っていた?
2007年4月7日、53歳の誕生日を迎えたジャッキー・チェン(成龍)。この日、ジャッキーの後継者を探すオーディション番組「龍的伝人」の制作記者会見が催され、「僕のカンフー神話を受け継いでくれる未来のジャッキー・チェンを見つけたい」とジャッキーも意欲を示した。

しかしここ最近になって、「一切スタントマンを使わない」が売りだったジャッキー神話が崩れつつある。と言うのは、この道20年の有名スタント監督・羅礼賢が、「ジャッキーは僕が若いころからずっとスタントマンを使っている」と発言し、『ポリス・ストーリー』でのバイクシーンでは自らがスタントを務めたことまで暴露したのだ。

スタントマン使用の真偽について、会見の場でマスコミからしつこく追究されたジャッキーは、「この件についてはコメントしたくない。でも僕の功績は誰の目にも明らかだし、皆家に帰ってDVDをしっかり見るといいよ」とだけコメントを残した。

引用元:Yahoo!ニュース - Record China
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070411-00000015-rcdc-ent

ジャッキー・チェンの昔の映画はよく見ていましたけど、たいてい映画のエンドロールの部分ではメイキング画像なども入っていて、それではちゃんと本人が演技していたという記憶もあるんですけどね。錯覚でしょうか?もちろん肉眼で見てはっきり確認できないところもあるので、全部疑わしくないということはないでしょうけど。
| 芸能 | 08:25 | comments(0) | trackbacks(15) |
タモリの手作りカレー食べる会、記者の参加募集中 ブロガーも可
ほぼ日刊イトイ新聞は、タレントのタモリさんの手作りカレーを振る舞うイベント「カレー部 例会」を、東京・渋谷の「電力館」で4月25日に開く。一般参加受け付けは終了したが、記者の参加は申し込みは11日まで受け付ける。

 鶏肉45キロを使ったカレーをタモリさんが調理し、参加者に振る舞う。東京カリ〜番長が調理を手伝い、糸井重里さん、山下洋輔さん、みうらじゅんさん、リリー・フランキーさんが食べに来る。

 記者としての参加は、Webサイトオーナーやブロガーでも可能。無線LAN環境があるため、リアルタイムでの記事アップもできる。参加記者はタモリさんが「ただの直感」で選ぶ。募集の詳細はWebサイトで。

引用元:Yahoo!-ITmediaニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070407-00000010-zdn_n-sci

タモさんが作るカレーはさぞおいしい事でしょう。
料理人並みに美味しいんでしょうからねぇ。食べれる人うらやましい。うらやましい。うらやましい。
| 芸能 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(11) |
カンニング竹山結婚
3月30日に一般女性(36)と婚姻届を提出したお笑いタレントのカンニング・竹山隆範(36)が1日、TBS「アッコにおまかせ!」にテレビ電話で生出演し、司会の和田アキ子(56)らに結婚を報告した。和田から「気分は?きっかけは?」とつっこまれ、「長年一緒に住んでいるので実感ないですね。僕が実際に生まれた日なので入籍しました」などと話した。互いに何と呼び合っているかについては「ジュンちゃん、タケちゃんです」と照れながら答えた。

 また、この日の放送を最後に、レギュラーで妊娠7カ月のタレント・山口もえ(29)が産休に入った。

引用元:Yahoo!ニュース - スポーツニッポン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?c=c_ent

カンニング竹山さんも芸風が随分変りましたよね。
テレビにも沢山出ています。天国の相方も喜んでいらっしゃることでしょう。
末永くお幸せに。
| 芸能 | 08:50 | comments(0) | trackbacks(24) |
「松ちゃん映画」に神木、板尾ら出演
「ダウンタウン」の松本人志(43)が初監督・企画・主演した映画「大日本人(だいにっぽんじん)」の出演者が分かった。竹内力(43)、UA(35)、神木隆之介(13)、板尾創路(43)らで、松本自らキャスティング。今年1月に製作発表を行ったが、「僕なりのヒーローもの」「日本の現状も入っている」と話すのみで、詳細は一切明かさなかった。役柄や内容は不明のままだ。

 出演者にも物語の全容は知らせず、05年12月から8カ月間、都内などで撮影。UAは「もし彼を分かるなら、私は正気でいられない」と奇才ぶりに驚いた様子。竹内も「どういうふうに仕上がるのか想像がつきません」と話している。

 場面写真もスポニチ本紙は入手。かつらを付けた松本が雨の中を1人で歩くシーンが、31日から全国の劇場で52秒の予告編として上映される。神木は「テレビで見る面白い松本さんではなく、監督としてのまじめな顔がとても格好良かった」と感想。板尾は「“100%松本さん”という映画だと思う」と話した。現在編集中で、4月下旬に完成予定。6月2日公開。

引用元:Yahoo!ニュース - スポーツニッポン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070330-00000019-spn-ent

松ちゃんの映画楽しみですね。
見てみない事にはわからないけど、何となく楽しい物になりそうな予感。松ちゃんはお笑いに対してとてもまじめですよね。
真剣に作り込んだ笑いっていう感じがする。6月が待ち遠しいです。
| 芸能 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(17) |
円楽師匠、テレビも引退
2月末に落語引退宣言をした人気落語家・三遊亭円楽(74)がテレビ出演も引退することが29日、分かった。

 最後のテレビ出演となるのは4月1日放送の日テレ系「いつみても波瀾万丈」(前9時55分)。22日に収録が行われたが、同局関係者によると、出演交渉の段階から「最後のテレビ出演にしたい」との意向があったという。番組では、幼いころに腎臓を患いながら、落語家になり、大看板になるまでの半生を貴重な映像、写真を用いて再現。番組内で円楽は「あまり、この顔でもう(テレビには)出たくないです。人工透析をやっていなければね」と9年前から週3回行っている人工透析を理由にテレビから“卒業”することを宣言した。

 円楽は55年に三遊亭円生に弟子入り。翌年に初めてテレビ出演を果たしたテレビ局が日テレという縁もあり、昨年5月に卒業した演芸番組「笑点」のつながりもあって、同番組を引退番組にすることを決めた。

 「湯上がりの男」「星の王子様」などのテレビ向けキャッチフレーズを次々と生み出し、「笑点」では23年間司会を務めるなど、円楽はお茶の間には欠かせない存在だった。77年には、師・円生の「芸が荒れる」との言葉を受け、レギュラー7番組すべてを降板したこともある“有言実行”の男・円楽。落語引退に続き、テレビ出演引退も決断。男の美学を貫き、一線から退く。

引用元:Yahoo!ニュース-スポーツ報知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070330-00000076-sph-ent

非常に残念ですね。
「笑点」といえば円楽師匠だっただけに…。
円楽師匠の名司会がリアルタイムで見られないのは本当に残念です。

長い間お疲れ様でした。これからも後任のご指導等頑張っていただきたいですね。
| 芸能 | 08:31 | comments(0) | trackbacks(10) |
来日決定の再結成ポリス、スティングの髪についても語る
5月より再結成ツアーが始まることでも大きな話題を呼んでいるポリス。デビューから解散までの秘蔵映像満載のドキュメンタリー映画『ポリス インサイド・アウト』が、31日より公開される。本日29日には、監督を務めたメンバーのドラム担当、スチュアート・コープランドが来日して、映画のPRを東京・渋谷のSECOで行った。

 この映画は、ポリス結成当時からコープランド自身が自分のカメラで撮影していたフィルムを編集したもので、かなり貴重なシーンが目白押し。「ケンカもよくしたけど、兄弟みたいだったんだ」と当時を振り返る。また、今回のポスターになった昔のスティング(ボーカル担当)の写真を指差し、「髪もこんなだった頃だ」と、会場に笑いを誘う場面もあった。

 また、世界中が注目する再結成ツアーの日本公演について、「来年の2月の第1週目に予定されている」と語った。

 なお、映画は3月31日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにて2週間限定ロードショーされる。

引用元:Yahoo!ニュース - オリコン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000019-oric-ent

ポリスの再結成。うれしいですね。
限定的な企画物としてではなく、再結成してからも長く活動してほしいです。
また、生で「見つめていたい」が聴ける機会が出来たっていうのがいいですね。
| 芸能 | 21:48 | comments(0) | trackbacks(7) |
俳優の植木等さん死去
俳優の植木等さんが27日午前10時41分、都内の病院で呼吸不全のため死去した。80歳だった。所属事務所によると、1997年に肺気腫を患いながらも仕事を続けてきたが、今年1月16日に食欲不振を訴え検査入院。今月8日に一時帰宅したが、翌9日に再入院。2週間前から病状が悪化し、意識が混濁。この日、永眠した。故人の意志を尊重し、告別式・通夜は密葬で行い、会場や時間などは非公開だという。後日、お別れの会などを開く予定。喪主は長男広司(ひろし)さん。

 1957年から「クレージーキャッツ」のメンバーとして活動。61年に青島幸男さん作詞の「スーダラ節」が大ヒットし国民的人気者に。翌年の「ニッポン無責任時代」に始まる映画「無責任」シリーズで、日本中にブームを巻き起こした。

 テレビのバラエティー番組「シャボン玉ホリデー」では「お呼びでない」など多くの流行語を生んだ。

 歌手としては「スーダラ節」のほかに「五万節」「ハイそれまでョ」などのヒットがある。93年に紫綬褒章、99年に勲四等旭日小綬章。

引用元:Yahoo!ニュース - スポーツ報知
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000191-sph-ent

近年は俳優としてのご活動をされていましたが、最近はテレビでお見かけしなくなったなぁとは思っていたのですが、まだまだ活躍していただきたい方でした。
小さいときにはもっぱら名シーンなどでしたが、見る機会が多かったですし、やっぱりシンプルにわかりやすい面白さ、お笑いだったような気がします。
ご冥福をお祈りします。
| 芸能 | 08:33 | comments(0) | trackbacks(14) |
<< | 2/3PAGES | >>