カウンター

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS

ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
マイポッケ
MOBILE
qrcode
R S S T I M E S


Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
よゐこ・濱口 熱愛は完全否定
お笑いコンビ・よゐこが10日、東京・渋谷の109イベントスクエア前で行われた携帯ゲーム「モバゲータウン」のプロデュース&新CM発表会に出席した。会場では、2人が開発した「よゐこの街ゴルフ」など新ソフトを発表。タレント・小倉優子(23)との交際が報じられている濱口優(35)は、100人以上の観衆が見守る中、交際について問われると、「渋谷のド真ん中で言いましょうか」と前置きした上で「ただのお友達ですから!」と連呼し、恋人関係を完全否定した。

引用元:Yahoo!ニュース デイリースポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000027-dal-ent
| 芸能 | 14:43 | comments(0) | trackbacks(239) |
小林武史“不倫愛”貫き一青窈と再婚へ
人気音楽プロデューサーの小林武史(47)と、妻で「マイ・リトル・ラバー」のボーカル、akko(34)が離婚に向けた話し合いを始めたことが9日、分かった。夫妻は既に別居しており、小林は人気歌手の一青窈(ひととよう、30)と不倫交際中。akkoも公私ともに独り立ちする意思を固めている。離婚成立後、小林は一青と再婚するとみられる。

 ポップス界を代表する“おしどり夫婦”といわれてきた「マイラバ」の小林&akko。同ユニットが昨年7月からakkoだけのソロプロジェクトになった中、私生活でもそれぞれの道を歩むことになりそうだ。

 スポニチ本紙の取材によると、3月ごろから夫婦間で離婚に向けた話し合いが始まった。最も大きな理由は、小林と一青との不倫愛。夫妻には2人の子供がいるため、慎重に話し合いをしている。

 双方とも11年間の結婚生活への思いは深いが、溝を埋めるのは難しい状況。akkoは、今月7日に初のソロツアーをスタートさせ、公私ともに“独り立ち”する意思を固めたようだ。

 小林は、Mr.Children、サザンオールスターズ、レミオロメンなど多くの人気アーティストを手掛け、現在の日本ポップス界を代表するプロデューサー。そんな大物が自らメンバー参加したのが「マイラバ」で、ボーカリストとして、女性としてもほれ込んだakkoと96年7月に結婚。200万枚を売り上げた「Hello’Again〜昔からある場所〜」など大ヒットを連発し、私生活では96年末に長女、01年に二女が誕生。公私ともに充実した生活を続けてきた。

 異変のきっかけは、05年7月の小林主催のイベントライブ「ap bank fes’05」。そこで参加した一青と意気投合し、楽曲制作に携わるようになると私生活でも急接近。昨年から交際を始め、一青の自宅を訪れるようになった。

 既に夫妻は別居しており、離婚成立後、小林は一青との新たな生活をスタートさせる。

引用元:Yahoo!ニュース スポーツニッポン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070510-00000018-spn-ent
| 芸能 | 07:55 | comments(0) | trackbacks(41) |
辻ちゃんできちゃった婚でハロプロ脱退も
元モーニング娘。の辻希美(19)が俳優杉浦太陽(26)と結婚することが、8日までに明らかになった。現在妊娠3カ月。年明けの出産予定だが、体調が思わしくないため今後は休業する予定で、新ユニット「ギャルル」を脱退する。つんく♂は「非常にめでたい」と祝福したが、加護亜依(19)が2度の喫煙で解雇された直後だけに、所属事務所はショックを隠せない。舞台降板など責任感に欠ける行為への批判は強く、今後はハロー!プロジェクトから脱退勧告される可能性もありそうだ。
 デュオW(ダブルユー)の相方だった加護に続き、辻まで表舞台から姿を消すことになった。文字通りの電撃できちゃった婚。先月24日に時東ぁみ(19)ギャル曽根(21)と結成したばかりのユニット「ギャルル」を脱退する意思をプロデューサーつんく♂に申し入れ、長期休業が決定した。状況は流動的だが、出産後の復帰のめどは立たず、ハロー!プロジェクトからも脱退させられることになりそうだ。
 双方の所属事務所は対応に追われた。辻の妊娠や休業決定などを報告するファクスは、当初の予定より3時間近くも遅れた。事務所側の混乱がうかがえた。
 つんく♂は「親心として非常にめでたい。アーティストとして、また新しい経験を得るでしょう」と祝福した。だが、所属事務所では、この日朝からマスコミ対応などの会議を開き、今後の方策について議論を重ねた。その後は事情説明と謝罪のため、数人の幹部が関係各所へ奔走。不祥事の予防や芸能人としての自覚などを目的としたタレントの再教育を実施した直後だっただけに、幹部はショックを隠せなかった。
 辻は先月26日、急性胃腸炎のため舞台「何日君再来」(今月4日初日)を降板すると発表した。当初は「10日間の安静が必要」と診断されたが、5月の再検査で妊娠の兆候が認められた。同舞台は13日まで石川梨華(22)が演じ、14日からモー娘を卒業した吉沢ひとみ(22)が代役を務める。吉沢は今月24、25日にディナーショーを予定していたが、延期を余儀なくされた。結果的に自分のファンが後回しにされたことになり、不満を募らせているという。
 19歳のできちゃった婚は、現代では珍しくもない。だが、プロの芸能人として、責任感の欠如を指摘する声が上がるのも自然だ。舞台降板に加え、「ギャルル」の活動も白紙化した。ユニットには別の所属事務所のタレントもおり、管理責任も問われそうだ。そのため所属事務所は、辻の出産後の復帰には、厳しい対応を取るものとみられる。
 相手の杉浦はTBS系「ウルトラマンコスモス」の主人公、春野ムサシ隊員を演じてブレーク。昨年4月にグループ交際の形で知り合い、結婚前提の恋愛に発展したという。都内でツーショットが何度も目撃されていた。
 関係者によると、辻は結婚願望を周囲に漏らしていたという。加護の解雇に相当ショックを感じており、芸能界での仕事よりも恋愛、結婚を優先させたかったようだ。モー娘出身者では、00年の石黒彩、04年の市井紗耶香に次ぐ結婚となった。2人は10日に会見して結婚を報告する。

引用元:Yahoo!ニュース 日刊スポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070509-00000007-nks-ent
| 芸能 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(67) |
エキスポランド、他の遊具でも事故=昨年2件、報告も遅れる−大阪
大阪府吹田市の遊園地「エキスポランド」のジェットコースター事故で、園内の別の遊具で昨年2件の人身事故が起きていたことが7日、同府の調査で分かった。府は再発防止策の提出を求めたが、うち1件については提出期限を過ぎた後に報告があったという。
 府によると、昨年5月には回転式遊具で、係員の操作ミスで遊具から降りようとした乗客が右足を負傷。同12月にも別の遊具で、乗客が首を圧迫される事故が起きたという。

引用元:Yahoo!ニュース 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070507-00000201-jij-soci

もし、こういったことが起こった時にもう少し徹底した対策がとられれば、今回のようなことは起こらなかったのかもしれないですし、死亡事故が起こってから対策がとられたとするなら、あまりにその代償は大きいですね。
| 時事 | 07:47 | comments(0) | trackbacks(64) |
マルーン5、東京・大阪1回限りのプレミアム・ライヴを開催!!
デビュー・アルバム『ソングス・アバウト・ジェーン』が全世界で1,000万枚以上のセールスを記録しているマルーン5。5月16日(水)に待望のニュー・アルバム『イット・ウォント・ビー・スーン・ビフォー・ロング』をリリースするが、なんと本作を引っさげて待望の来日公演を行うことが決定した。日程は6月23日(土)Zepp Tokyo、6月25日(月)Zepp Osakaと東京・大阪1回限り! チケット料金は両公演とも7,500円(スタンディング/税込)で、チケット発売日は東京公演が5月19日(土)〜、大阪公演は調整中となっている。詳しくは<ウドー音楽事務所>( http://www.udo.co.jp/ )をチェック!

引用元:Yahoo!ニュース リッスンジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070507-00000003-lisn-musi
| 芸能 | 09:13 | comments(0) | trackbacks(22) |
元プロ野球選手・立川ら11人がK-1トライアウト合格
プロ野球選手からK−1ファイターへ転身成功! 元千葉ロッテマリーンズ4番打者・立川隆史がK−1の最終選考に見事合格した。K−1の日本人選手育成プロジェクト「K−1トライアウト2007」合宿に参加した16名による最終選考試合が6日、千葉市の「ゴールドジム幕張千葉アネックス」で行われ、立川ら11名の志望者が合格を果たした。
“欽ちゃん球団”こと元茨城ゴールデンゴールズの富永健義は、試合でK0負けを喫し、残念ながら不合格となった。最年少の16歳参加者の小泉竜も、技術不足と、ろっ骨骨折の疑いがあるため欠場し、合格することはできなかった。

 立川にとって、最終選考の地は、長年ホームグラウンドとして慣れ親しんだ千葉マリンスタジアムにほど近い幕張で行われた。4日から行われた合宿で、立川はマイク・ベルナルド氏のチームに入り、ミット打ちでパンチやキックのコンビネーションなど基本的な動きを徹底的に体にたたき込んできた。さらにスパーリングなど実戦的なトレーニングも積み、格闘未経験者ながらも必死のアピールをしてきた。

 この日はいよいよ合宿最終日。最終選考試合の相手は、元お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰だった。「やられる前にやるしかないと思った」という立川は、開始の合図と同時に勢いよく飛び出し、重たい右ローキックや右アッパーなどを繰り出しながら、体格の優位さも生かして春日にプレッシャーをかけ続けた。そして第1ラウンドでいきなり右ローなどで2つのダウンを奪った。「どんだけ殴られても立ち続けようという思いしかなかったです」という言葉通り、春日の反撃を喰らっても立川はひるまずに前に出続けた。そして続く第2ラウンドと第3ラウンドでも1つずつダウンを奪い、春日を終始圧倒した。2月に行われた選考会では準合格だった立川だが、自主トレとベルナルドの指導を受け、格段の成長ぶりを見せつけ、最終選考で見事に逆転合格。8月に東京で行われる予定の「K−1 TRYOUT SURVIVAL 2007」出場権を獲得した。立川は「戦う気持ちをアピールできたと思います。ベルナルド先生や周りの人、それに家族が支えてくれたおかげです」と喜びを爆発させた。

 このほか、ナイジェリア出身の元サッカー選手ジャクソン・ビアフラも試合で富永をKOして合格。チームドラゴンからは高萩勉と藤本京太郎、濱田淳史、西脇恵一の4名が合格した。さらに元全日本プロレスの河野真幸、R.I.S.E.のリングなどで活躍する百瀬竜徳、NJKF拳友会の杉本幸績、グラバカの山宮恵一郎、士道館村上塾の伊藤純の計11名が合格し、8月の大会出場権を手にした。このうち、立川と藤本はベルナルドの母国南アフリカで、杉本と高萩はアーネスト・ホースト氏の母国オランダでそれぞれ集中特訓を受けることが決まった。

 一方、惜しくも不合格となった富永ら残りの選手も7月に行われる「トライアルリーグ」で成長の証を示せば8月の大会に敗者復活できるチャンスが与えられる。富永は「みんなに期待してもらったのに残念です」と肩を落としながらも、今後の雪辱を誓っていた。

■K−1トライアウト合格者
【チーム・ホースト】
杉本幸績(24)、高萩勉(24)、ジャクソン・ビアフラ(26)、山宮恵一郎(34)、百瀬竜徳(27)、伊東純(28)

【チーム・ベルナルド】
藤本京太郎(20)、濱田淳史(26)、立川隆史(31)、西脇恵一(28)、河野真幸(26)

引用元:Yahoo!ニュース スポーツナビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070506-00000017-spnavi-fight
| スポーツ | 18:28 | comments(0) | trackbacks(24) |
上岡号泣…「漫画トリオ」悲しき再結成
中咽頭(いんとう)がんのため3日に亡くなった前大阪府知事でタレントの横山ノックさん=享年75、本名・山田勇=の通夜が4日、兵庫県西宮市内で営まれた。「漫画トリオ」としてノックさんと一時代を築いた上岡龍太郎氏(65)(パンチ)、青芝フック(70)ら親しい関係者のみが参列。無言のノックさんと悲しき“トリオ再結成”となった。
 祭壇のノックさんの遺影は、たくさんの白百合の花に囲まれていた。鮮やかなライトグレーのスーツに胸元にはネクタイがキリッ。盟友たちとの再会を喜ぶように、穏やかに優しい笑みを浮かべていた。
 元パンチ・上岡氏は、自家用車で式場に到着した。神妙な面持ちで、フックや落語家の桂きん枝、漫才師・中田ボタンらと合流。口を真一文字に結んだまま、報道陣の問いかけにも応じず、足早に式場に入った。
 参列者によると、上岡氏は式場で「あんだけ一緒にいた仲やし、本当は死に顔は見たくなかったんや」と言い、涙をボロボロこぼしていたという。
 「漫画トリオ」のメンバーが“同じ舞台”で姿を見せたのは、2004年11月、大阪・ワッハホールで行われたノック一門のイベント「なにをいまさら横山ノック ノックとその仲間たち」以来のことだった。選挙運動中のわいせつ事件で、政界も芸能界も追われたノックさんの名誉回復を、仲間たちは後押ししてきたが…。
 密葬のため、この日の参列者は近親者のみ50人弱。芸人として、政治家として一時代を築いたノックさんの最期としては寂しさは否めないが、式場をグルリと囲むように殺到した報道陣は100人近くにも及んだ。
 上岡氏、フックらは、読経後も館内で食事をとり、一般の参列も受け付ける「お別れの会」について相談を行った。会は、2人が中心に企画し、行われる見込み。
 大阪市内のホテルの宴会場を借りて開く案が有力だが、参列者によると「大阪府の知事までやった方なんやし、京セラドームを借り切ったらどうやという意見もあった」という。
 また、通夜に参列した落語家の月亭八方(59)は、目を真っ赤にし「人を笑わす人でしたけど、最後に泣かされました。『先生、泣かせたらあかんなあ』と話しかけました」と言葉を詰まらせた。後日開かれる「お別れの会」については「横山ノックは芸人でした。だから皆さん、ぜひお別れ会で花道を作ってあげてください」と話し、こらえきれず大粒の涙をこぼした。また、桂ざこば(59)は「遺体の顔は、ふっくらして別人みたいでした」と沈痛な表情で話していた。5日には親族らで密葬が営まれる。

引用元:Yahoo!ニュース デイリースポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070504-00000027-dal-ent
| 芸能 | 17:49 | comments(0) | trackbacks(29) |
声優いらず? アニメの「声」を制作するソフト、セルシスら開発へ
セルシスと、富士通発のベンチャー企業アニモは5月1日、音声合成技術を活用し、アニメのせりふやナレーションを制作するソフトの開発で提携したと発表した。7月までに第1弾となる製品をリリースする計画だ。

 アニモの音声合成技術「Fine Speech」をベースに、PC上でアニメのせりふやナレーション素材を制作できるソフトを開発する。アニモは同技術をベースに新しい音声合成エンジンを開発し、アニメ制作ソフト「RETAS!」などのノウハウをもとにセルシスが製品化する。

 アニメやゲームにナレーションをつけるには、ナレーターやスタジオを手配して収録、編集するなどの手間がかかっていた。映像や音楽の制作をPC化することで効率を向上させてきたように、PC上でのせりふやナレーションを制作する環境を提供し、クリエイターを支援していくとしている。

引用元:Yahoo!ニュース ITmediaニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070503-00000003-zdn_n-sci
| 時事 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(15) |
“さもない”日々こそニュース 地域の日常つづるブログ新聞「ぶらっと」
ブログに日常が描かれる。実名・顔出しで、丁寧な言葉でつづられる季節の便りや日々の報告。大ニュースや衝撃的な事実ではない。当たり前の日々の感想や、ちょっと変わった地域の風物詩が、読み手の心に新鮮に響く。

【画像】

 「阿寒湖で、春の風物詩・砕氷が始まりました。船着場からじわりじわりと、観光船で氷を割っていくのです」

 「静岡県掛川市で“新茶マラソン”が行われました。スタート地点は、吉田拓郎のコンサートで有名な『つま恋』です」

 「北上川流域に、翼をケガしてシベリアに帰ることが出来なくなったオオハクチョウのカップルがいます。今年も卵を産み、雌が卵を温め始めました」

 それぞれの記事に、読者からレスが付く。「新茶マラソンとは、さすがお茶のメッカですね」「砕氷船、乗ったことあります」「無事に雛がかえりますように!」。中傷や炎上とは無縁だ。

 これは日刊ブログ新聞「ぶらっと」上で日々行われているやりとりの一部だ。松下電器産業や日本テレネットが出資するスローネットが運営している。

 「さもないことなんです。さもないことなんだけど、それがすごく面白くて」――編集長の野口智子さんは言う。一般のマスメディアはとかく衝撃的なことや珍しいことを「ニュース」として報じたがるが、ぶらっとはその対極。普通の人がつづる当たり前の日常が、読者をほっと温める。

 北海道から沖縄まで各地に住む約120人の「地域ライター」が、スローライフと街づくりを主なテーマに記事を更新する。地域ライター以外でも、会員登録すればコメントしたりブログを書いたりできる。会員は約6000人。うち約2300人がブログを書いている。

 地域ライターからの記事は1日30本ほど上がってくるが、「週に何本書いて欲しい」などといったルールを強制しているわけではない。「仕事のようになってしまったらつまらないし、忙しい時や落ち込んでいる時は更新できなくて当然。しばらく間が開いて、久しぶりに更新してくれればそれでいい」(野田さん)。まさに“ぶらっと”立ち寄って書き込めるサイトだ。

 気に入った記事を賞賛する「拍手」という機能もあり、拍手の多かった記事はランキング上位に入る。誰かからの応援が、更新へのモチベーションになる。

●「リテラシーがない」人にこそ書いて欲しい

 地域ライターは、スローネットのスタッフが知り合いのつてをたどって探した。地域活性化に取り組むNPOスタッフなどが中心で、年齢は20代から70代まで。40〜50代が一番多い。ネットに慣れていない人が多く、ブログを書くのも初めて、という人も少なくない。

 「今までなら『リテラシーがない』という言葉で捨て置かれてきた人かもしれませんが、いい活動をしている人もたくさんいるんです。“書きたがり”の人がいい情報を持っているとは限らないし、そういう人は放っておいても書いてくれますけど、そうでない人にこそ書いてほしくて」(野田さん)

 「『難しい』と二の足を踏む人にも、『この私ができるんだから』と言うと、納得してもらえます」――野田さんも「ぶらっと」の編集長になることが決まった半年前にブログを始めたばかり。「レス」や「トラックバック」の意味もよく分からなかった。

 「トラックがバックすることかと思ったわよ(笑)。ネットでは当たり前の言葉でも、そういう言葉を使った瞬間、分からない人から見れば『あなたはそっちの世界の人ね」となってしまうから“ネットの言葉”はできるだけ使わないようにしています」(野田さん)

 「都市部のサラリーマンとインターネット業界が牛耳るサイトにはしたくないんです。だってさっきまで田んぼで農作業していた人が、家に帰ってお茶飲みながら見るサイトだよ。みんなのパソコンは、土でじゃりじゃりしてるんです」(野田さん)

●冊子なら、誰にでも読んでもらえる

 3月に、一部のブログを抜粋して載せたフリーペーパー「ぶらっと!BOOK版―スローライフをあなたに―」を発行した。「毎日PCの前にいる人ばかりを想定すると『冊子にする必要はない』と思だろうけれど、毎日PCの前にいる人はごく一部だから」(野田さん)

 ぶらっとのユーザーは、昼間はPCと離れた仕事や家事していて、夜寝る前に少しネットを見る、という人が多い。気になる記事があればプリントアウトしておき、翌日出かける際に持って出て、暇を見つけて読むという人も少なくないといい、冊子化も自然な流れだった。

 冊子なら、PCを使わない人にも読んでもらえる。「私の母は80歳を過ぎて寝たきりなんですけれど、この冊子を見せて『やっとあなたが何やっているか分かったわ』と言ってくれました」(野田さん)

 各エントリーに付いたコメントも、一部を抜粋して掲載した。「コメントも面白くて。本当はコメントを全部載せたかったんだけれど、ボリュームがものすごいから」――冊子の編集を担当したNPOスローライフ・ジャパンの川島正英さんは言う。

 川島さんは、元朝日新聞政治部記者で、地方分権やスローライフの推進に取り組んできた。「新聞は客観性が命で、形容詞を削ぎとって書くが、ぶらっとは気持ちをそのまま反映していて新聞記事とは異質。読んでいて『すばらしい』と感じることも多く、もっといろんな人に読んでもらいたい」(川島さん)

●地域を越え、人が出会える場に

 団塊世代の大量退職で、企業社会にいた人たちが引退し、地域に戻っている。「セカンドライフをどう生きるか考え、地域や社会に貢献するためのコミュニティーを作りたかった」――スローネットの瀧栄治郎社長は狙いを語る。

 「いいことをしている人って、いろいろな地域にたくさんいるんです。そういう人たち同士がつながれば、さらに磨き合えるのに――と思っていたのですが、なかなか出会う機会がなかった。でもインターネットなら、例えば青森の商店会の人と東松山の商店会の人が出会えるんです」(野田さん)

 地域活性化に取り組むNPOの広報や交流の場にしてほしい、という思いもある。国内にある4万近くのNPOのうち、Webサイトを持っているのは約6000に過ぎない。社会貢献したい企業から集めた資金をNPOに届ける「CSR BANK」の仕組みも組み込んだ。

 私企業が運営している以上、収益モデルも考えている。サイトにはバナー広告を入れていおり、CSR用の広告媒体として売り出している。冊子にはすでに松下電器産業などのCSR広告が入っている。

 「近代化の中で失われてきた日本固有の文化や地域の温かさを新しい価値として発信できれば、ビジネスになるのではないか」(瀧社長)

●すくすくと育って欲しい

 ユーザー数目標などは特にないが、地域ライターにはもっと多様な地域・職業の人を招きたいという。「猟師さんの地域ライターに来て欲しいです。とはいえこれは出会いだから、無理矢理探したりはしませんが」(野田さん)

 たくさんの人に読んでもらう媒体に育て、「スローライフを試してみようかな」と思ってもらえれば、と願っている。「親が子供をよしよしして育てるように、すくすくと育ってくれれば。編集長は『よしよし係』だと思うの」(野田さん)

引用元:Yahoo!ニュース ITmediaニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070503-00000007-zdn_n-sci
| ウェブ | 16:20 | comments(0) | trackbacks(37) |
アンジェラ・アキがライブで結婚を報告「今回こそ頑張る!」
シンガー・ソングライター、アンジェラ・アキ(29)が29日、東京都渋谷区のNHKホールでピアノ弾き語り単独ライブ「MY KEYS TOUR2007」の東京公演を行った。5月23日発売の新曲「孤独のカケラ」など17曲を熱唱し、約3500人の聴衆を魅了した。

 3月9日に12歳年上の音楽ディレクター(41)と入籍したアンジェラは「(同曲の)レコーディングの最中に発表しました」と東京のファンに結婚報告。客席から「おめでとう」「頑張れ」との声が飛ぶと「(離婚歴があるので)今回こそ頑張る!」と自虐ネタで笑いをとっていた。

引用元:Yahoo!ニュース サンケイスポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070430-00000008-sanspo-ent
| 芸能 | 07:59 | comments(0) | trackbacks(52) |
<< | 2/16PAGES | >>