カウンター

CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS

ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
マイポッケ
MOBILE
qrcode
R S S T I M E S


Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
Web 動画はコスト削減が課題――ニワンゴ、ひろゆき氏
株式会社ロフトワークと有限会社パズブロックは2007年5月11日、Web 動画コンテンツの動向と将来をテーマにしたセミナー「WEB CREATIVE NEXT」を開催した。

パネルディスカッションでは、ロフトワークの諏訪光洋氏とパズブロックの長田恒司氏、そして株式会社ニワンゴの西村博之氏が参加。モデレータは諏訪氏が勤めた。

Web 動画は YouTube の普及で定着しつつあるとの諏訪氏の発言に対し、西村氏は「動画はトラフィックが大きいため、ビジネスとして成立は難しい。YouTube のトラフィックコストが年間2億円に対し、利益は年間1億5,000万円だ」と述べた。

また、Web 動画を有料で配信しても課金システムにコストがかかることから、トラフィックコストと課金システムのコスト削減が今後の課題とし、「動画はまだ来ていない」といった主張をした。

コラージュ作品の Web 動画が多い日本で、欧米のように自分撮りが普及する可能性ついては長田氏が「民族性の違いから現状のまま。自分を面白おかしく撮影した動画は普及しない」とした。

コラージュ動画は版権物を引用したものが多く著作権の問題が絶えないが、漫画やアニメに関する同人誌は、版権元に迷惑をかけないように展開するという暗黙のルールがあるという。

諏訪氏から同等のルールが動画にも応用できないかという質問に対し西村氏は、「動画が同人誌のようなすみ分けで展開するのは難しい。同人誌も場合によっては作者が捕まることがある」と述べ、結局は Web 動画クリエイターと版権元との微妙な関係が続くのではないかとした。

引用元:Yahoo!ニュース japan.internet.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000021-inet-inet
| ウェブ | 18:40 | comments(0) | trackbacks(23) |
“さもない”日々こそニュース 地域の日常つづるブログ新聞「ぶらっと」
ブログに日常が描かれる。実名・顔出しで、丁寧な言葉でつづられる季節の便りや日々の報告。大ニュースや衝撃的な事実ではない。当たり前の日々の感想や、ちょっと変わった地域の風物詩が、読み手の心に新鮮に響く。

【画像】

 「阿寒湖で、春の風物詩・砕氷が始まりました。船着場からじわりじわりと、観光船で氷を割っていくのです」

 「静岡県掛川市で“新茶マラソン”が行われました。スタート地点は、吉田拓郎のコンサートで有名な『つま恋』です」

 「北上川流域に、翼をケガしてシベリアに帰ることが出来なくなったオオハクチョウのカップルがいます。今年も卵を産み、雌が卵を温め始めました」

 それぞれの記事に、読者からレスが付く。「新茶マラソンとは、さすがお茶のメッカですね」「砕氷船、乗ったことあります」「無事に雛がかえりますように!」。中傷や炎上とは無縁だ。

 これは日刊ブログ新聞「ぶらっと」上で日々行われているやりとりの一部だ。松下電器産業や日本テレネットが出資するスローネットが運営している。

 「さもないことなんです。さもないことなんだけど、それがすごく面白くて」――編集長の野口智子さんは言う。一般のマスメディアはとかく衝撃的なことや珍しいことを「ニュース」として報じたがるが、ぶらっとはその対極。普通の人がつづる当たり前の日常が、読者をほっと温める。

 北海道から沖縄まで各地に住む約120人の「地域ライター」が、スローライフと街づくりを主なテーマに記事を更新する。地域ライター以外でも、会員登録すればコメントしたりブログを書いたりできる。会員は約6000人。うち約2300人がブログを書いている。

 地域ライターからの記事は1日30本ほど上がってくるが、「週に何本書いて欲しい」などといったルールを強制しているわけではない。「仕事のようになってしまったらつまらないし、忙しい時や落ち込んでいる時は更新できなくて当然。しばらく間が開いて、久しぶりに更新してくれればそれでいい」(野田さん)。まさに“ぶらっと”立ち寄って書き込めるサイトだ。

 気に入った記事を賞賛する「拍手」という機能もあり、拍手の多かった記事はランキング上位に入る。誰かからの応援が、更新へのモチベーションになる。

●「リテラシーがない」人にこそ書いて欲しい

 地域ライターは、スローネットのスタッフが知り合いのつてをたどって探した。地域活性化に取り組むNPOスタッフなどが中心で、年齢は20代から70代まで。40〜50代が一番多い。ネットに慣れていない人が多く、ブログを書くのも初めて、という人も少なくない。

 「今までなら『リテラシーがない』という言葉で捨て置かれてきた人かもしれませんが、いい活動をしている人もたくさんいるんです。“書きたがり”の人がいい情報を持っているとは限らないし、そういう人は放っておいても書いてくれますけど、そうでない人にこそ書いてほしくて」(野田さん)

 「『難しい』と二の足を踏む人にも、『この私ができるんだから』と言うと、納得してもらえます」――野田さんも「ぶらっと」の編集長になることが決まった半年前にブログを始めたばかり。「レス」や「トラックバック」の意味もよく分からなかった。

 「トラックがバックすることかと思ったわよ(笑)。ネットでは当たり前の言葉でも、そういう言葉を使った瞬間、分からない人から見れば『あなたはそっちの世界の人ね」となってしまうから“ネットの言葉”はできるだけ使わないようにしています」(野田さん)

 「都市部のサラリーマンとインターネット業界が牛耳るサイトにはしたくないんです。だってさっきまで田んぼで農作業していた人が、家に帰ってお茶飲みながら見るサイトだよ。みんなのパソコンは、土でじゃりじゃりしてるんです」(野田さん)

●冊子なら、誰にでも読んでもらえる

 3月に、一部のブログを抜粋して載せたフリーペーパー「ぶらっと!BOOK版―スローライフをあなたに―」を発行した。「毎日PCの前にいる人ばかりを想定すると『冊子にする必要はない』と思だろうけれど、毎日PCの前にいる人はごく一部だから」(野田さん)

 ぶらっとのユーザーは、昼間はPCと離れた仕事や家事していて、夜寝る前に少しネットを見る、という人が多い。気になる記事があればプリントアウトしておき、翌日出かける際に持って出て、暇を見つけて読むという人も少なくないといい、冊子化も自然な流れだった。

 冊子なら、PCを使わない人にも読んでもらえる。「私の母は80歳を過ぎて寝たきりなんですけれど、この冊子を見せて『やっとあなたが何やっているか分かったわ』と言ってくれました」(野田さん)

 各エントリーに付いたコメントも、一部を抜粋して掲載した。「コメントも面白くて。本当はコメントを全部載せたかったんだけれど、ボリュームがものすごいから」――冊子の編集を担当したNPOスローライフ・ジャパンの川島正英さんは言う。

 川島さんは、元朝日新聞政治部記者で、地方分権やスローライフの推進に取り組んできた。「新聞は客観性が命で、形容詞を削ぎとって書くが、ぶらっとは気持ちをそのまま反映していて新聞記事とは異質。読んでいて『すばらしい』と感じることも多く、もっといろんな人に読んでもらいたい」(川島さん)

●地域を越え、人が出会える場に

 団塊世代の大量退職で、企業社会にいた人たちが引退し、地域に戻っている。「セカンドライフをどう生きるか考え、地域や社会に貢献するためのコミュニティーを作りたかった」――スローネットの瀧栄治郎社長は狙いを語る。

 「いいことをしている人って、いろいろな地域にたくさんいるんです。そういう人たち同士がつながれば、さらに磨き合えるのに――と思っていたのですが、なかなか出会う機会がなかった。でもインターネットなら、例えば青森の商店会の人と東松山の商店会の人が出会えるんです」(野田さん)

 地域活性化に取り組むNPOの広報や交流の場にしてほしい、という思いもある。国内にある4万近くのNPOのうち、Webサイトを持っているのは約6000に過ぎない。社会貢献したい企業から集めた資金をNPOに届ける「CSR BANK」の仕組みも組み込んだ。

 私企業が運営している以上、収益モデルも考えている。サイトにはバナー広告を入れていおり、CSR用の広告媒体として売り出している。冊子にはすでに松下電器産業などのCSR広告が入っている。

 「近代化の中で失われてきた日本固有の文化や地域の温かさを新しい価値として発信できれば、ビジネスになるのではないか」(瀧社長)

●すくすくと育って欲しい

 ユーザー数目標などは特にないが、地域ライターにはもっと多様な地域・職業の人を招きたいという。「猟師さんの地域ライターに来て欲しいです。とはいえこれは出会いだから、無理矢理探したりはしませんが」(野田さん)

 たくさんの人に読んでもらう媒体に育て、「スローライフを試してみようかな」と思ってもらえれば、と願っている。「親が子供をよしよしして育てるように、すくすくと育ってくれれば。編集長は『よしよし係』だと思うの」(野田さん)

引用元:Yahoo!ニュース ITmediaニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070503-00000007-zdn_n-sci
| ウェブ | 16:20 | comments(0) | trackbacks(37) |
今からでも間に合うお花見スポット 模擬店や桜並木も再現
春のお花見シーズンも終盤。東北、北海道を除き、もう近場でお花見というのは難しくなってきたが、今からでも間に合うお花見スポットがネット上にあった。オンラインゲームのお花見イベントで、最後の花見を楽しんでみては……。【立山夏行】

 女性ユーザーに人気の高いオンラインRPG「トリックスター+」(ジークレスト)では、繁華街である「メガロポリス」や初心者向けの町「ブルーミングコーラ」などで桜が満開、花びらが舞い散る光景を目にすることができる。

 メガロポリスには新マップ「お花見公園」が期間限定で実装され、桜並木が立ち並ぶ「お花見大階段」を登り切ると、満開の桜が広がっている。たこ焼きやリンゴあめなどの出店も並んで、本格的なお花見が堪能できる。

 また、「トリックスター+」などが展開されるゲームポータルサイト「アットゲームズ」の仮想空間で桜が満開。お花見をモチーフとした和服などが当たるガチャガチャや、「桜のシフォンブラウス」「桜のガラスチェアー」など桜をモチーフにしたアバター「セルフィ」用の衣装やインテリアも販売している。ともに24日まで、基本料無料なのでお試しにはもってこいだ。

 一方、ガンホー・オンライン・エンターテイメントの「ラグナロクオンライン」では、5月8日まで、和をモチーフとした国「アマツ」で「アマツ春興薫風祭」が開催中だ。寿司を賭けた丁半ゲームや分身する忍者の数を当てるゲームなどが楽しめる。

 「信長の野望オンライン」(コーエー)では、「さくら祭」と題したゲーム内イベントが25日まで開かれている。枯れた桜の木に俳句を詠んで花を咲かせるという和風オンラインゲームならではのイベントで、時々手に入る桜の花びらを装備品と交換できる。

 新入学、新学期など年度変わりで花見ができなかったという人や、花粉症、出不精で実物の花見は……という人におすすめの“仮想花見”。こちらもシーズン終盤なのでお早めに。

引用元:Yahoo!ニュース 毎日新聞 まんたんウェブ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070421-00000006-maia-game
| ウェブ | 08:29 | comments(0) | trackbacks(38) |
【基本から学ぶYouTube攻略法!! Vol.8】感想を動画でコメントする
ブログでもSNSでも、自分が投稿したものに対してコメントがつくのは嬉しいものです。YouTubeでは、文字によるコメントはもちろんサポートしていますが、USBカメラ等をPCに繋いで動画でコメントすることもできます。感想を動画でコメントする以外にも、コントの動画に持ちネタで返すとか、恋人同士が交換日記のノリでクローズドに動画メッセージを送りあうとか……、使い道はたくさん考えられますね。

動画コメントの付け方の操作画面

●動画でコメントするのに必要なもの

 YouTubeが見られるPCに、USBカメラやデジタルビデオカメラがあれば、動画でコメントできます。いたってシンプルです。ちなみに筆者は、MacBookユーザーなので、MacBook内蔵のiSightカメラを利用しています。

●動画でコメントしてみる

動画でコメントする方法は、次のとおりです。

1. カメラをPCに接続します。
2. YouTubeにログインし、コメントしたいビデオページを開いて、ビデオの下に表示されている「Post a video response」をクリックします(YouTubeにログインしないとコメントできません)。

3. カメラとマイクへのアクセスに関するFlash Playerの警告が表示されるので、許可します。

 「Record a Video」からカメラの映像を投稿する以外にも、「Choose a Video」から自分のページの掲載動画を貼り付けることや、「Upload a Video」から動画ファイルを投稿することが可能です。

4. カメラの映像が表示され、マイクが入っているのを確認したら、「Record」をクリックして撮影します。撮影を終了する時は、「Finish & Exit」、撮影し直す時は、「Cancel」をクリックします。

5. 撮影完了後に追加でコメントを撮るか、My Videosページにアクセスするか選択します。コメントのアップロードが完了したら、My Videosページに掲載されます。

 撮影したコメント動画についても、どの範囲に公開するか、コメントを受け付けるかなどの設定が可能です。

 注意点としては、管理者が文字のコメントや動画コメントを受け付けていない、もしくは承認が必要な場合は、すぐにコメントが表示されません。さらに、「Channel Info」でコメントを表示する設定にしていないと、コメントは表示されません。

6. コメントを送った相手のページには、このように動画コメントとして表示されます。

 前回のチャットに引き続き、今回の動画コメントの機能を見ていると、YouTubeは、双方向のコミュニケーションツールとしても活用できそうです。

 先日、とあるコンサートに行った時のMCで、「ツアーの移動風景をビデオで撮ったのでYouTubeにアップしちゃおうかな」と言っていたのを聞き、「ここまでYouTubeが浸透しているんだなぁ」、と感心しました。気軽に表現できるメディアとして確立しつつあるのですね。

◆◇クドメグの今週のお薦めYouTube◇◆

Sakura(cherry blossom(※リンクは【関連リンク】にあります)
季節柄、桜をテーマにしたコンテンツが多くみられるなかで、ステキだと思った作品。外国人ウケもよいらしく、たくさんのコメントがあります。バンクーバーやビクトリアからの桜の動画コメントもあって、クリエイター同士が刺激し合っている様子も見受けられます。

引用元:Yahoo!ニュース RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070421-00000005-rbb-sci
| ウェブ | 15:27 | comments(0) | trackbacks(26) |
RSSと連携して巫女さんがしゃべるデスクトップマスコット「Apricot」
RSSと連携してしゃべるデスクトップマスコット「Apricot」v2.55が、6日に公開された。Windows 2000/XP/Vistaに対応するフリーソフトで、現在作者のホームページからダウンロードできる。なお、動作には.NET Framework 2.0およびMDAC 2.6以降が必要。

 「Apricot」は、デスクトップ上に巫女さんのキャラクターが常駐するマスコットソフト。キャラクターはさまざまなジャンルのキーワードを、歴史上の名言やアニメ・漫画・ゲームの名ゼリフなどへランダムに当てはめたパロディ風のセリフを次々と吹き出しでしゃべる。ミスマッチによる意味不明なセリフや、偶然できた“なんとなく本質をついているようにも読めるセリフ”を眺めて楽しもう。

 気になったキーワードをクリックすると、キーワードの詳細と関連するキーワードが表示される。詳細画面でさらにキーワードをクリックすると、あらかじめ本ソフトに登録されている60個以上のRSSを検索してヒットした記事を一覧表示し、選んだ記事をWebブラウザーで閲覧可能だ。そのほか、新着のRSS記事もときどき一覧表示される。

 また、ユーザーが新たにキーワードを覚えさせることも可能。覚えさせたい言葉をクリップボードへコピーするとキャラクターがその言葉をしゃべるので、表示された言葉を[Ctrl]キーを押しながらクリックすればよい。

 そのほか、キャラクターは設定ファイルを読み込んで切り替えることが可能で、このとき見た目だけでなくセリフも変化する。現在作者のホームページでは、魔法使い少女などのキャラクターが公開されている。

引用元:Yahoo!ニュース impress Watch
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070419-00000030-imp-sci
| ウェブ | 08:19 | comments(0) | trackbacks(38) |
jig、CSSに対応した「jigブラウザ」公開
jig.jpは、ブラウザアプリ「jigブラウザ」において、Webサイトのレイアウトなどを定義するCSSに対応した「jigブラウザ」の提供を開始した。「jigブラウザ」の利用料は月額630円、年額6,000円。

 今回提供が開始されたのは、βバージョンのCSSレイアウト機能を実装した「jigブラウザ」。ブラウザそのものは製品版と同様で、CSSレイアウト機能がβバージョンとして追加されている。すでにモニター向けにβテストが行なわれていたが、第2弾として一般の「jigブラウザ」ユーザー向けにCSS対応版が公開された。利用するにあたっては、「jigブラウザ」をCSS対応版にバージョンアップし、CSSの設定を有効にすることでCSSに対応する。

 なお、βバージョンのCSSレイアウト機能で正確に表示できないページは、順次対応していくとしている。

引用元:Yahoo!ニュース impress Watch
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070418-00000033-imp-sci
| ウェブ | 08:15 | comments(0) | trackbacks(8) |
Nokia、S60の最新版でウィジェットをサポートへ
フィンランドのNokiaは4月16日(現地時間)、スマートフォン向けインタフェース技術である「S60 3rd Edition Feature Pack 2」でウィジェット機能を実現するツールを提供する計画を発表した。S60のライセンシーはこれを利用して、携帯電話向けウィジェットを作成できる。Nokiaでは携帯電話でのウィジェット提供により、モバイルWeb 2.0を強化する狙いだ。

S60は、スマートフォンOSの「Symbian OS」向けインタフェース技術で、Nokiaが開発しライセンス提供している。Symbian OSでは最大のシェアを誇り、調査会社の英Ovumによると、2008年にはSymbian OS/S60をサポートした携帯電話の出荷台数は2億830万台に達する見込みという。

ウィジェットはWebコンテンツをパーソナライズして表示できるWebアプリケーションで、Nokiaは今回、S60の最新版であるS60 3rd Edition Feature Pack 2で、ウィジェットを作成できるツールを含む「Web Run-Time」を提供する。

Web Run-Timeは、Ajax、JavaScript、CSS、HTMLといった標準Web技術を利用したWebアプリケーション開発環境で、Nokiaがすでに提供しているS60 Webブラウザをベースとする。開発者はこれを利用することで、使い慣れた技術やツールを利用して、Web上の情報やコンテンツと接続できる軽量かつグラフィック効果の高いウィジェットを作成できる。このほか、既存のPC向けウィジェットアプリケーションをモバイル端末向けに移植することもできるという。将来的には、GPSなどのS60のアプリケーションや機能をウィジェットで利用することも可能になる予定。

作成したウィジェットは、Nokiaのモバイル向けRSSサービス「WidSets」などのサービスチャンネルを通して配信できるという。

Nokiaでは、S60 3rd Edition Feature Pack 2はウィジェット作成ツールをサポートした初のモバイル向け技術としている。ウィジェットは、PCではすでに利用が進んでいるが、モバイル端末はPCよりパーソナルな端末であることから、モバイル端末で提供するメリットは大きいと見ているようだ。

S60 3rd Edition Feature Pack 2は、S60のライセンシーに向けて今年第3四半期に提供を開始する。

引用元:Yahoo!ニュース MYCOMジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070418-00000095-myc-sci
| ウェブ | 08:51 | comments(0) | trackbacks(28) |
ダブルクリック、Flash 対応メタタグ機能付き「MobileMK 1.7」を発表
広告配信ソリューションのダブルクリックは2007年4月11日、モバイルマーケティング ソリューション最新版「MobileMK 1.7」を発表した。

1.7 では、Flash を利用したモバイルサイトを作成できるようになった。Flash 表示機能のない携帯電話端末では、自動的に代替画像が表示されるように設定できる。

また、メタタグ設定機能を新たに追加、指定したすべてのページに対し、キーワードやディスクリプションを一括で埋め込めるようにした。

MobileMK は、コンテンツ制作、プロモーション、アクセス解析、リサーチの4メニューで構成され、サイト構築、プロモーション実行、アクセス解析、モバイルリサーチ、会員データベース構築、メール配信などを一元的に行うことができる。

引用元:Yahoo!ニュース - japan.internet.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070412-00000029-inet-inet
| ウェブ | 08:17 | comments(0) | trackbacks(44) |
RSS リーダー「feedpath」がリニューアル、「feedpath Rabbit」に
フィードパス株式会社は、2007年4月10日、「feedpath Rabbit」および「feedpath Skunk」のサービスを開始した。

「feedpath Rabbit」はフィードパスが2006年1月からコンシューマー向け Web 型 RSS リーダーである「feedpath」をベースとして新たに開発した新サービス。これまでの「feedpath」ユーザーは新たにユーザー登録することなく、現行のアカウントで「feedpath Rabbit」を利用できる。

「feedpath Rabbit」は簡単にフィードを「読む」という機能を中心として短時間でユーザーが最新の情報を検索・整理できることをコンセプトに開発されている。

ランキング機能が強化され、閲覧数のほか、本文の下にある評価ポイント、アーカイブされた数、購読者数など、feedpath Rabbit の利用状況を元にしたさまざまなランキングが提供される。

また、サイトの購読をフォルダ単位からサイト単位に変更、サイトの概要・登録フォルダ名・サイトタグなど、購読しながらサイト管理を行えるようになった。

作業の効率性が向上しており、記事にチェックをつけて一括で「まとめ読み」や「アーカイブフォルダ」への保存、未読に戻すことなどが可能となっている。アーカイブのフォルダ階層化や、記事にタグを付けてアーカイブでタグに分類して保存する機能も追加されている。

そのほか、サイドバーも使いやすく改善されており、タグは記事に付けるタグとサイトに付けるタグを分けて管理できるようになった。

一方、「feedpath Skunk」は「feedpath Rabbit」と連携するフィードデータベース。Blog やインターネットサービスから配信されるフィードを定期的にアグリゲート(収集)しフィードのデータベースとして蓄積する。

サービス開始時には1,000万のフィード情報を蓄積したデータベースとして、フィードリーダーである「feedpath Rabbit」にフィード情報を提供。今後この「feedpath Skunk」のフィード情報は、サードパーティーに対し Web サービス API にて提供していく予定。

引用元:Yahoo!ニュース - japan.internet.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000020-inet-inet
| ウェブ | 08:37 | comments(0) | trackbacks(20) |
ベクター、Web API/Mashup 情報&コミュニティサイト「Mashupedia」
PC 用ソフトウェアのダウンロードライセンス販売などを手がけるベクターは、2007年4月9日、Web 技術者向けの情報&コミュニティサイト「Mashupedia(マッシュペディア)」をオープンした。

「Mashupedia」では、Web API/Mashup 情報の閲覧・登録が可能なほか、情報を交換できるコミュニティなどを提供する。利用料金は無料。

「Mashupedia」は、Web API 情報の網羅を目標としており、現在、国内外で約500種類が存在するといわれる Web API に関して、全てを収集・紹介していくという。優秀な Mashup 作品については、レビュー記事等でより深く紹介する予定。

今後は、Mashup を作るのに必要な実行環境(PHP または CGI)、データベース(MySQL または PostgreSQL)を提供するホスティングサービスも開始される予定。

引用元:japan.internet.com
http://japan.internet.com/webtech/20070410/5.html
| ウェブ | 08:29 | comments(0) | trackbacks(8) |
| 1/5PAGES | >>